えんぴつとノート

中学受験が子供の将来を豊かにする

子どもの教育に熱心な家庭であれば、中学受験を検討して親子共々チャレンジする場合も少なくありません。目標を持って努力を重ねたとしても、中学受験で合格する可能性は100%ではありません。しかしながら、中学受験をすることは子どもの成長を促して、将来を豊かにするきっかけにもなります。

中学受験を行う事でまだ小学生の幼い子どもが、具体的な目標に向かって自分で努力をすることを学びます。目標(中学受験)を達成するためには、どのような勉強が必要なのか、成績を上げるためにはどのような計画を立てて勉強をしないといけないのか等、様々なことを思考してそれを実行する力を身につけることができます。

目標に向かって自分で努力する事を一番具体的に表している物に、塾などの勉強の場をがあります。
小学校と言う皆がやっている事にプラスαする事で、他の人よりも優位に立てると子供は直感で感じます。
中学受験に強い家庭教師を雇ったり、塾へ通わせたる事の本当の意味は勉強だけじゃないと言う事を忘れないでください。

自分で努力した結果が、中学受験による志望校への合格という形で達成された時には、自分自身が努力してきたことへの結果を体感することができて、大きな自信を持てる様になります。これにより、目標を達成するための努力や計画の重要性を実体験として身につけることができます。

中学受験に合格してその学校に通うようになると、様々な夢や目標を持っている級友と直に触れ合うことができます。そのことはお互いに良い意味で刺激を重ねる事に繋がり、自分の将来に関しても真剣に考える機会になります。中学生という若い時期から自分の将来と向き合うことは、可能性を広げて将来への展望を幅広く持てるようになるメリットもあります。

中学受験に受かる子・受からない子

中学受験を行う事は、合格・不合格という明確な結果と向き合うことになります。合格に向けてどれだけ努力をしていたとしても、その努力が必ず実る訳ではありません。子どもにとって中学受験は、競争社会における現実を経験する一つの機会にもなりますが、中学受験に受かる子・受からない子にはどのような違いがあるのでしょうか。

中学受験の合否に大きく関わる要因として、子ども自身の意欲があります。「好きこそものの上手なれ」と言われるように、子ども自身が受験する中学校に入学したいという希望、その目標を叶える為の意欲を持って自主的に勉強できているか否かは、勉強への取り組み方や姿勢に大きな違いが出てくるのです。

また、中学受験に向けて集中して効率よく勉強ができる環境が整っているか否かも一つのポイントです。中学受験では志望校により出題傾向が変わります。小学校の授業で習う勉強だけでなく、志望校の出題傾向と対策が合格する為には欠かせない要素でもあります。子どもに合った塾や家庭教師などを利用して、子どもが志望校受験対策をしっかりと行える環境を整えることも大切なことなのです。

中学受験に合格するためには、毎日こつこつと休まずに勉強を続ける事が重要になります。小学生であれば、勉強よりも友達と遊んだり、楽しい事へ意識が行きがちでなかなか勉強と向き合うことが難しい場合もあります。中学受験に合格する子は、目標達成に必要な自分がやるべき事をきちんと理解して、自分を律して勉強が続けられる根気強さも持ち合わせているのです。

意外とすんなり中学受験を乗り越える方法

中学受験は、保護者の力が9割ともいわれています。まだ小学生のお子さんが、自分でスケジュールを立てて管理をすることは難しいため、ここは保護者の出番です。お子さんが勉強に集中できるような環境を整えることが保護者の最大のミッションです。

高校や大学受験では、本人がメインで動くでしょう。だからこそ、中学受験は、親子で乗り切る最初で最後のチャレンジなのかもしれません。仕事や家庭の事情もあるとは思いますが、ここは割り切り、受験日までの期間、お子さんをメインに生活をシフトしていきましょう。

保護者の役割は、「スケジュール・塾のプリント管理」、「お子さんの理解度の把握」がメインです。スケジュール・塾のプリント管理は、お子さんが勉強だけに集中できるよう、塾や自宅での勉強内容の管理、プリントの整理をします。お子さんの理解度の把握は、「わからないところがわからない」という状況に陥らないよう、常に把握しましょう。理解できていない部分をどうするかは、家庭教師や個別塾、または親塾などでフォローすることも可能ですが、塾へ相談をして補習をお願いすることもおすすめです。わからない部分を放置することだけはないよう、注意をしてください。

中学受験は親子最大のチャレンジです。受験生活中、色々なことがあると思います。むしろないほうがおかしいです。それもあとで笑い話になるよう、お子さんのやるべきこと、保護者のすべきことを明確にして取り組んでいきましょう。これらを徹底することで、厳しい受験生活も乗り越えられるはずです。

中学受験合格後の明るい未来を想像してみよう!

中学受験合格。人生の中でおそらく最初に掴みとった大きな合格だと思います。学校にこだわるのは大学でいいと思っている方も多いかもしれませんが中学の段階で学校を選んでいくとやはり今後で大きく差がついてきます。具体的なことをいくつかあげてみましょう。

まず、高校への進学です。高校とは大学の一歩手前であり、進路の分岐点ともなる場所と言っても過言ではありません。そのような重要な高校受験を勝ち抜くという意味でも中学受験を勝ち抜き、レベルの高い中学に行くことは大きなアドバンテージとなります。レベルの高い中学では高校受験を意識した授業が日々展開されていくため、中学卒業時には一段と成長していることでしょう。

さらに、良き友人にも出会える機会が増えます。小さい頃から努力をしてきた者が合格を勝ち取っていくため、中学での学校生活では互いに意識し合い、切磋琢磨してお互いに高め合う事のできる友人と出会えることでしょう。そういった友人は今後とも自身の人生でも良い影響を与えてくれる存在となります。

最後に中学受験で得た忍耐や達成感は今後の人生にとって糧となるかけがえのない財産です。中学、高校、大学とステージが上がっていく過程において楽しいことも多いですが大変なこともあると思います。そういった時でもこのことは必ず心の支えとなり、常に良い結果をもたらす一因となることでしょう。

中学受験の準備を始める前にやっておきたい事

中学受験をしようと考えている、あるいはもう受験することを決めているかもしれません。そして受験を考えている人はそのための準備を始めようとしているのではないでしょうか。しかし本格的に受験の準備を始める前にやっておいた方がいい事が2つあるので紹介します。

1つは、中学受験をする理由を明確にしておくことです。親には親なりの考えがあって決めると思いますが、実際に勉強し受験するのは親ではなく子供です。なぜ受験をしてほしいのか、きちんと伝えて子供と話し合わないと後々大変な事になってしまうので、受験の準備を始める前に親子でよく話し合う必要があります。

もう1つは、志望校の選択についてです。偏差値はもちろん、学校の雰囲気や教育レベルを考慮して選択すると思いますが、国公立と私立で学費が異なるのでまずは両親でよく話し合い、子供にもそれとなく伝える方がいいと思います。また学校の立地も多少は考慮する必要があります。電車通学になるとしたらどのくらいの時間までを許容範囲にするのかというように、子供が無理なく通える距離にある学校を選ぶ方が負担が少なくなっていいと思います。

中学受験をするとなったら真っ先に勉強法や志望校について考えてしまいますが、まずは親子でじっくり話し合い、受験に関する認識を共有することが大事です。受験の準備を始めてから認識の違いに気づいたのでは手遅れなこともあるので、最初に話し合うことをおすすめします。
参考サイト

PAGETOP